メルマガ配信

ECサイトに集客を行う場合、メルマガ配信を上手く利用することも集客をアップさせる効果が期待できます。メルマガ配信は昔から行われている方法でその歴史は非常に古いものですが、メルマガ配信の使い方が集客を増やすのかそれとも減らしてしまうのかの大きなポイントとなります。

基本的にはメルマガは自社のECサイトで扱う商品の紹介などを配信することが多いわけですが、現在ではその情報だけではすでに魅力的な内容とはならず、むしろメルマガ配信が鬱陶しいと感じてしまう利用者のほうが増えています。その為内容如何ではメルマガが迷惑に感じ迷惑メールになってしまう場合もあり、いかにメルマガの内容が利用者のプラスになる内容かどうかが重要になってきています。

メルマガを登録してくれている人は少なからず自社のECサイトに興味を持った人や、1度や2度利用したことがある人になりますので、そのメルマガ登録者を自社に引き留めることがとても重要になります。

その為メルマガ利用者だけの特典といったものをメルマガ配信で付与するなど、一般の利用者との差別化を図ることがメルマガ配信の効果を高めることに繋がります。それと頻繁すぎるメルマガはやはり鬱陶しいですし、期間が開きすぎるのも効果が薄れますので、適度な期間でメルマガ配信を行うことも必要です。

キーワード選定

ECサイトを運営する場合には集客数が運営に大きな影響を与えることになります。その為まずは自社のECサイトに来てもらうことが重要で、その為に利用すべき方法がキーワード選定を行うと言うことです。このキーワード選定とは検索サイトで検索した場合に検索に引っ掛かるかどうかが決まる非常に重要なもので、キーワード選定を間違えている場合にはまず検索に自社のサイトが引っ掛かることは無いと言えます。
これは一般的にSEO対策と呼ばれるもので、利用者が検索を行いそうなキーワードを選定し、それを自社のサイトに反映させることで検索キーワードに引っ掛かり易くする方法です。

例えば家電を扱っていた場合にキーワードを単に家電だけにしていたとすると、検索した場合には数多くのサイトが上位に表示されてしまうため自社のサイトは検索に引っ掛かってもかなり下に表示されることになります。しかしこれを家電だけでなくテレビや4K、フルHDやメーカー名をキーワードとして組み合わせておけば、それも検索ワードとして引っ掛かることになるので検索時に上位に来る確率が高くなります。
その為自社のECサイトで扱うものを正しく認識し、利用者が興味を持ちそうなキーワード選定を行うことが重要となります。

広告からの流入

ECサイトへの集客力を高めるためには色々な手段を講じる必要がありますが、その方法の一つに広告からの流入という手段があります。これは検索サイトや利用者の多いサイトに自社の広告を掲載してもらい、その広告をECサイトにリンクさせることで集客力をアップさせる方法です。

この広告からの流入は特に独自ドメインでECサイトを運営している場合には効果が高い方法で、上手く利用することで大幅な集客力のアップと継続的な集客を可能にすることが出来ます。

特に検索サイトのリスティング広告を出稿する方法は最も人の目に触れやすくなるため様々な年齢層や性別に対して自社のECサイトの紹介が可能となり、知名度を一気にアップさせることが出来ます

自社のECサイトと関係のあるサイトに広告を出稿した場合には、そのジャンルに興味がある人に絞り込んでECサイトの宣伝を行うことが可能となりますので、検索サイトなどへの広告展開とは違い、ターゲット層を絞り込んでより確実に集客を行うことが出来るでしょう。ただしどちらの場合にも広告を出す場合には費用がかかりますので、費用対効果を考えて広告を出さないと費用ばかりが嵩むといったことにもなりますので広告の中身にも気を配る必要があります。

ECサイトの集客

ECサイトを運営する場合、如何にして集客を行うかが運営を安定させるためには重要なポイントとなります。基本的にECサイトの場合、集客数が多ければ多いほど売上が上昇することになりますし、逆に集客が上手くいかない場合にはいくら良い商品を揃えていたとしても売上に結びつかないことになります。

その為ECサイトの形態に応じた集客方法を選ぶことも重要で、自社のECサイトが独自ドメインによる運営なのか、それともショッピングモールのようなECサイトの集合体で運営されているのかにより、集客方法を選ぶ必要があります。

ショッピングモールの場合は欲しい商品を探している利用者が何もしなくても自然と集客できるため売り上げに関してもある程度は確保することが出来ますが、逆に考えれば独自ドメインでのECサイト運営とは異なり、似たようなお店が数多く集まっていると言えますので独自性を打ち出さなければそれ以上の集客も売上も見込めないことになります。

独自ドメインの場合はショッピングモールへ出店するよりも更にハードルが高くなることが考えられ、放っておいた場合には全く集客できないことが予想されますし、自社のECサイトをどうのようにして知名度を上げていくか、ECサイトへの誘導をどうやって行うかが集客をアップするためには必要不可欠な対策となります。集客をアップしたい場合には自分から何かを仕掛けて行かないといけないと言うことをしっかりと理解しておく必要があります。

関連サイト・・・ECサイト構築サービス【MODD】
クラウド型のECサイト構築・運用サービスです。